« どうしてJALはだめになったのか その2 | トップページ | 11月15日横浜でカナダの有名な若手環境活動家の講演会 »

2009年10月26日 (月)

栄区で仲間が当選!

栄区の市会補欠選挙で、ネットワーク横浜の藤田みちるさん(59)が昨日25日初当選しました!
藤田さんよく頑張った! おめでとう!

彼女は終盤朝4時半はら駅に立ち、よる10時まで駅に立つという離れ業も行いました。
日頃から培った信頼に最後は市民の皆さんや民主党議員らが連日応援に入り(民主の推薦や支持はなし)、自民党との接戦を制しました。

この選挙は、参院選神奈川選挙区に、栄区の自民党市議(女性)が出馬したため、欠員となったためにおこなわれていました。(定数3、欠員1)

藤田さんは、民主党との関係も深かったことなどから、民主党の女性議員などが大勢応援に入り、民主党が実質支援ということが勝因につながりました。

 立候補したのは、無所属の吉村正吾氏42歳(実質はみんなの党)▽藤田みちる59歳(ネットワーク横浜公認)▽小山和則氏44歳(自民公認)▽無所属の福寿末吉氏68歳▽竹岡健治氏63歳(社民公認)の5人。投票率は37・63%(男39・08%、女36・22%)でした。

 市会(定数92)の新勢力は自民党29、民主党23、公明党16、民主党ヨコハマ会9。無所属クラブ8(内ネット4)、共産党5、無所属2(この2人は保守系)となりました。

皆さん本当にありがとうございました!
接戦&短期戦でしたので、本当に一人一人の頑張りが大きかったなと思います。
私も計5日程応援に入り約800件の電話掛けなどをさせて頂きました。

電話掛けは、日々の有権者の皆さんの動静が直にわかり、
お互いに想いも伝えやすく、慣れるととても面白いのです。
お一人お一人直接投票をお願いし、
「わかりました、応援しますから頑張ってください!」と言って頂けるよう
丁寧に接して行く。お一人お一人の想いを積み上げて行くのが電話の醍醐味で、
僕はこれが好きなのです。街頭でマイクを持つのは本当はとても苦手です(笑)

今回は民主党の支援もあったので、民主党に対する期待や応援の声も多く頂きました。
私は民主党員ではありませんが、皆さんの「政治を、社会を変えて欲しい」という切実な想いは、
港北区でもしっかり背負って行きます。

●開票結果

当11006 藤田みちる(ネ横 新)
 10273 小山 和則(自 新)
  8354 吉村 正吾(無 新)
  7806 竹岡 健治(社 新)
   770 福寿 末吉(無 新)

【投票総数】39119
【有効投票】38209
【無効投票】910

« どうしてJALはだめになったのか その2 | トップページ | 11月15日横浜でカナダの有名な若手環境活動家の講演会 »

9.過去の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« どうしてJALはだめになったのか その2 | トップページ | 11月15日横浜でカナダの有名な若手環境活動家の講演会 »