« 根本的な変化を生む時 | トップページ | 超非常事態!! »

2011年3月 3日 (木)

山口二郎さんの講演会を開催しました。

山口二郎教授(北海道大学・政治学)の講演会「何のための政権交代だったのか--地域社会の再生と地域政党への期待」を31日(火)1830から開催しました。(於:新横浜生活クラブオルタナティブ生活館)

_c017137_2_2

山口先生には、この講演のためだけにわざわざ北海道からおこし頂きました。政治におけるプロフェッショナリズムの必要性と、ステレオタイプな報道や、名古屋や大阪で起こっているアマチュア的政治状況の危険性。ローカルデモクラシーにとって、コミュニティの再生や社会的連帯の回復が不可欠で、地域社会だからこそ熟議の民主主義が可能だといったお話しを頂きました。民主党政治への諦めやこれからの政治への不安 、「本家本元の地域政党」としてのネットワーク横浜への期待も述べて頂きました。

先生の講演の後、ミュージシャンの佐藤潤さんのライブも行いました。佐藤潤さんは、特別支援学校の非常勤講師をしながら多くのイベントなどで音楽活動をしておられます。2006年には「きょうされん」(旧称:共同作業所全国連絡会)の愛媛での全国大会でテーマソング「あいのくに」を制作、横浜では横浜市立浅間台小学校創立50周年記念ソング「ここにいる」を制作されました。教育や福祉の現場で生まれた歌や想いをたくさんの方に届けられるミュージシャンになりたいとご活躍中の方で、港南区で活躍中の藤井みなこさんの応援団をしておられます。

_c017231_2

会場には85名の皆さんにお越しいただき、最後までにぎやかに過ごすことができました。

お越し頂いた皆さん、準備に奮闘して頂いたスタッフの皆さん、山口二郎先生、佐藤潤さん、本当にありがとうございました。

私も本当に元気を頂きました!

« 根本的な変化を生む時 | トップページ | 超非常事態!! »

4.政治活動」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。