« 震災で広がった「港北」での助けいあいの環 | トップページ | マスメディアには載っていない現地情報など »

2011年3月13日 (日)

支援のための仕組みの構築を急ぎます

テレビ等の情報を見ていても具体的なところは何も見えて来ません。居ても立ってもいられず「先ずは仙台に向かおう」とレンタカーを借り、道案内に仙台出身の友人を頼み、身支度を整えていたところ、仲間たちから「あなたには、ここですべきことがあるだろう!」と引きとめられ我に返りました。

私は昨日から、友人知人や活動仲間、現地のNPOなどに連絡をとって状況を確認して来ました。神戸の震災当時から一緒に活動して来た仲間たちも既に現地に向かっています。そんな中で、何が一番有効なのか判断するために現地に飛ぼうと考えた訳です。

今政府は緊急支援中心に取り組んでいます。しかし私は、阪神淡路大震災の支援に携わった経験から、今回のとんでもない規模の被害を考えた時、国中の市民が連携して中長期的に支え合うネットワークをいかに構築するかが問われてくると考えています。

例えば、「現地のどの地域は何(人、物、金)が足りていなくて、横浜のどの地域のどのグループは何が提供できる」「その間の輸送手段、移動はこれがある」といった交通整理や、経済的な「買い支え」などの仕組みがとても重要になってくると想定しています。

私は、今回は現地に急行するのではなく、そうした仕組みを構築する(または、支援する)ために各地の人々に声をかけて行きたいと思います。

皆さんも「私はこれができる」「ここのグループにはこんな資源がある」などの情報がありましたらぜひ、ご連絡ください。現地のために動く力は、必ず私たち自身の地域力をアップさせることにもつながるはずです。

どうぞご協力をお願いします。

« 震災で広がった「港北」での助けいあいの環 | トップページ | マスメディアには載っていない現地情報など »

2.防災都市横浜への提案」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。