« 被災者支援の現場からレポートします | トップページ | 石巻入りに予定を変更 »

2011年3月19日 (土)

復興支援拠点の福祉作業所に支援物資が続々

被災地レポート② 3月18日 続き

16時 
鶴岡市内の福祉作業所「てづくりクッキーおからや」訪問
〒997-0037 鶴岡市若葉町15-5
鶴岡市民の震災復興支援の拠点になっていて、次から次へと毛布、子どものおもちゃ、絵本などの物資が集まってくる。

Photo_4

Photo_5

代表の大森さんにお話を伺う。
•まだ水がないところが多いので、食器を洗えない。チラシで作ったお皿などが便利。
•薪になる木は無尽蔵にあるが、海水で湿っているので使用済の割り箸などの焚き付けが必要。
•いかに早く動くか、見えたところからさっさと動くのがベスト。
•支援金はすべて物にして現地に送るのではなく、そのお金を使って人を送って現場を見に来て欲しい。行って具体的に何が必要かを見て行かないと実際のニーズに合わなくなる。
•赤十字にしても役所にしても集積所で物が止まってしまう。比較的大きな街の便利な場所に、段ボールが積み重なって、そこから先に物が動かない状態が見られる。

« 被災者支援の現場からレポートします | トップページ | 石巻入りに予定を変更 »

1.被災地リポート」カテゴリの記事