« 支援のための仕組みの構築を急ぎます | トップページ | 震災、その時横浜の福祉現場は? »

2011年3月13日 (日)

マスメディアには載っていない現地情報など

友人らからの聞き取り情報

仙台出身(横浜在住)の友人の家族は避難所ではなく、親戚どうしが集まって比較的損傷の大きくない家で過ごしているそうです。避難所のスペースには限りがあり、同じように過ごしている方は多いとのことでした。食料も水も暖房もなく連絡手段も限られている被災者の方々が避難所以外にも大勢いらっしゃるということです。メディアでは触れられていないこうした人々への救援も考えて行かなければいけません。

 今回の震災について市民目線のビデオリポート

以下は、ビデオニュースドットコム社が無料公開している情報です。今回の災害を知る上でとても参考になるレポートになっています。

神保哲生の被災地現地報告 【ビデオニュースドットコム】

 今回の災害で一般のテレビなどでは見ることのできない、市民目線の現地取材です。今後の支援を考える上でも参考になるレポートだと思います。

原発事故・なぜ炉心溶融は起きたか 【ビデオニュースドットコム

 ゲスト:伴英幸氏(NPO法人原子力資料情報室共同代表)

 福島第一原子力発電所の課題を中心に、そのメカニズムを丁寧に解説しています。テレビでは言いきれない際どいお話もあり、今後の原子力政策を考える上でもヒントになるお話です。

« 支援のための仕組みの構築を急ぎます | トップページ | 震災、その時横浜の福祉現場は? »

2.防災都市横浜への提案」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。