« もし大震災が起きたら?機能しない港北区・防災計画! | トップページ | 地域に絆を! »

2011年3月30日 (水)

静岡・浜岡原発は廃止に!

横浜から160キロの距離にある原発!
   今、東海大地震が起きたら、さらなる大惨事が!

●東海大地震は、マグニチュード9クラスの超巨大地震になる可能性が高いと言われています
ところが静岡県御前崎にある浜岡原発周辺は、砂丘だったため地盤が柔らかい上に、多数の断層があります。
●浜岡原発の運転差し止めを求められた訴訟において、原子力安全委員会委員長の班目(まだらめ)春樹氏は、「非常用ディーゼルが2台とも動かないような事態は想定しない。そのような事態を想定したのでは原発はつくれない。と証言しています。
●原発事故は「想定外」ではなく、あえて「想定しない」専門家が起こした「人災」です。
●すでに浜岡原発1、2号機は、耐震補強に莫大な費用がかかるため廃炉にすることが決まっています。残りの3,4,5号機も廃炉にし、6号機の新設は中止すべきです。
●原子力安全・保安院でさえ、福島原発と同様の巨大地震にあう可能性がある静岡県の浜岡原子力発電所について「重要な課題として(緊急停止を)考えなければならないのは確か」と述べています。
●今、日本中で多くの人々が電力・エネルギー不足で困っています。でも東海大地震が起こってからでは手遅れです。東海大地震が起きる前に一刻も早く、浜岡原発を廃止すべきです。

Photo_4   
    原発震災を防ぐ全国署名HPより
 
自然エネルギーへの転換を急ぎ、原子力発電への依存をSTOPしましょう!

どもたちの未来のために!

« もし大震災が起きたら?機能しない港北区・防災計画! | トップページ | 地域に絆を! »

2.防災都市横浜への提案」カテゴリの記事