« 山口二郎さんの講演会を開催しました。 | トップページ | 震災で広がった「港北」での助けいあいの環 »

2011年3月11日 (金)

超非常事態!!

日本史上かつてないM8.8という規模の地震が発生しました。
私は菊名駅で街宣をしている時に地震に遭遇しました。「皆さん落ちついて下さい!建物から離れてください」とアナウンスするのがやっとの状態でした。その後、電車はすべて止まり、港北区内の各駅周辺は人で溢れ、道も大変な渋滞でした。

報道されている被害の規模はいまのところ限定的ですが、阪神淡路の時の経験から行けば、時間が経つに連れて被害の大きさがはっきりすることになるのではないでしょうか。

初動の遅れは取り返しのつかないことになります。とにかく全力をつくしてことにあたりたいものです。正しい情報入手につとめながら、できることをお互いにしていきましょう。

特に今回は被害地域が広いこともあり、これから時間が経つにつれて、大切になるのは「情報」と「後方支援」になってくると思います。対策にあたられる方は、このことを特に意識して頂ければと思います。

それにしても気になるのは、自動停止した福島県の東京電力福島第1原発の1、2号機で、非常用のディーゼルエンジンが使えず、外部からの電力供給も止まっている問題です。原子炉は緊急停止しても約1ヶ月以上、大量の電力を供給して冷やし続けないと、原子炉のメルトダウン(炉心融解)を起こすと言われています。今後の情報に気をつけましょう。

私もとにかく、情報収集を続けます。

※港北区内で宿泊所がなく、お困りの皆様へ
緊急避難用に新横浜の横浜アリーナが解放されたとの情報です。
1000人収容可能とのことです。

« 山口二郎さんの講演会を開催しました。 | トップページ | 震災で広がった「港北」での助けいあいの環 »

2.防災都市横浜への提案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 山口二郎さんの講演会を開催しました。 | トップページ | 震災で広がった「港北」での助けいあいの環 »