« 23日(月)原発のない未来のためのフォーラムを開催します。ぜひご参加ください。 | トップページ | 第2回石巻被災地支援報告 »

2011年5月15日 (日)

東京の土壌で高濃度の放射能汚染

朝日新聞5月15日(日)によれば、東京都の土壌で放射能セシウムの濃度が1キロあたり3千ベクレムを超え、東京電力福島第一原発により近い茨城県より高い地点があることが、近畿大の山崎秀夫教授(環境解析学)の調査でわかったと言うことです。

記事によれば、山崎教授らは、4月10日~20日に採取した東京都の4地点を含む首都圏の土壌試料を採取して分析。東京都江東区亀戸で1キロあたり3201ベクレル、千代田区の二重橋横で同1904ベクレルだった。原発から約55キロの福島県南部(同市光が丘)の土壌は3月19日時点で同2万7650ベクレル。都内より福島に近い茨城県神栖市は同455ベクレル、ほぼ同距離の埼玉県朝霞市は484ベクレルだった。放射性ヨウ素も同様の傾向でした。

都内の土壌セシウム濃度は今回の稲作禁止区域の制限値の20分の1以下ですが、1960年代の大気圏内核実験で年間に降った量の3~10倍。山崎教授は「放射能物質を多く含んだ雲のようなもの(プルーム)が飛来した地点では、局地的に土壌の放射能が高濃度になる。首都圏でも細かい状況調査が必要だ」とのこと。

横浜市は土壌調査を行っていませんが、東京や神奈川県西部(足柄地域)で高濃度の汚染が確認されている以上、横浜だけが安心ということはあり得ません。少量ですが、福島由来のプルトニウムやウランがグアム・ハワイ・アラスカ・カリフォルニアで計測されています。横浜でも早急に調査やモニタリングの体制を整える必要があります。

チェルノブイリの時は370ベクレル超えたら日本は輸入禁止していました。
ところが、今回の原発事故以降2000ベクレルまでは安全と言っています。
こうした数字に信憑性はあるのでしょうか?

子どもたちに被害があってからでは遅すぎるのです。

« 23日(月)原発のない未来のためのフォーラムを開催します。ぜひご参加ください。 | トップページ | 第2回石巻被災地支援報告 »

6.コラム(時事批評)」カテゴリの記事

コメント

横浜市民です。検索していたらこちらに辿りつきました。コラムに同感です。横浜市は放射能汚染の土壌調査を行っていないのでしょうか。県などに要望は出しましたが具体的な回答はなく。。公表されたWSPEEDIの予測では神奈川全土汚染ですよね。事故の影響は明らかなのに何もしないなんて疑問です。横浜ネットワークでは何か活動されているのでしょうか。こういうときに行政は何もしないものなのかと混乱してます。コメント失礼しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 23日(月)原発のない未来のためのフォーラムを開催します。ぜひご参加ください。 | トップページ | 第2回石巻被災地支援報告 »