« 第2回石巻被災地支援報告 | トップページ | 6.11は脱原発パレードとコンサートです!! »

2011年5月24日 (火)

日本に送られたガイガーカウンター4万個が放置されている


福島第一原発の原子力災害に当たって、各国から支援物資として、ガイガーカウンターやサーベイメーター4万個近くが日本に送られてきています。

5月23日現在確認できているもので、以下の数に上っています。
・アメリカから3万3千個
・フランスから560個
・カナダから5154個
・ロシアから460個
・韓国から20個
・フィンランドから50個
・イギリスから560個
(※数量、国に誤差及び間違いはあるかもしれません。ご了承ください。)

『厚生労働委員会』後の5月21日。政府・東京電力総合対策室合同記者会見では、多くが現在配布されているのかいないのか、或いはどうなっているのかを政府が把握すらしてないことが明らかになりました。http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=KJeRpbcF-JU

東京などでも次々と放射能の以上数値が確認される中、全国で放射線量の情報を欲している方々がいらっしゃいます。特に子どもを持っている家庭にとっては、一刻を争う問題です。

また、各国の善意も無駄になってしまいます。放置されっぱなしになっている放射線測定器は今後どのように使用されることとなるのでしょうか。
政府は、これ以上「情報隠し」と思われないよう真摯な対応をしてほしいと思います。

« 第2回石巻被災地支援報告 | トップページ | 6.11は脱原発パレードとコンサートです!! »

コメント

早急に子供が居るところへ配るよう、働きかけませんか?巷では、ガイガーカウンターは品薄状態だとか。(AERA5/30号)個人で購入するには高額なので、もったいないと思います。外国からこんなに支援してもらっているのに、何をしているんだ!!と猫は逆毛を立てています。大野さん、頑張りましょう!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第2回石巻被災地支援報告 | トップページ | 6.11は脱原発パレードとコンサートです!! »