« 次期戦闘機F35は役立たず!? | トップページ | 緑の政治と緑の文化を学ぶ »

2013年2月12日 (火)

そうだ、地球自治連邦を創ろう!

最近、喉やハナの調子がすこぶる悪い。

3.11原発事故の後の状態に似ているなぁと思っていたら。

中国の猛烈な大気汚染が日本に届いているというニュースがあった。

どちらも因果関係ははっきり言えないけど、自分の身体の中では符号するんだよね。

国境を越える原発事故による放射能汚染や、大気の化学物質汚染は、

今後も消えることがない問題だと思った。

自分も苦しいけど、今の子どもたちや、これから生まれて来る子どもたちは、

こんな状況が避けようもなく、逃げ場の無い中で育たなければならない訳で。

彼らのことを思うと、自分たちに何ができるのだろうか。。。。と考えてしまう。

で、ふと思いついたこと。それは、「地球•自治連邦」を創ること。

今までも、世界連邦の話や「ワンワールド(世界統一)」構想はたくさん

あった。

でも、僕がどうしても嫌だったのは、

こうした構想はどうしても今の国家以上の巨大な権力なくしては実現が

難しく、それは即、人権や自由の抑圧につながると感じられたからだ。

でも、人々が自分たちの地域や様々なコミュニティの自治を保ちながら

国を超えた意思決定に参加する仕組みが実現出来たら。。。。。

従来は実現不可能だったことが、インターネットの発達でどんどん可能になっている。

世界の自治政府の代表が普段はネットを通してつながりながら、必要な時に集まって

話をすることは、今はぜんぜん難しいことではなくなっている。

これができれば、現在の国家間の紛争などのくびきから自由になり、

環境問題や食料問題、金融問題といった世界的な課題に多くの知恵を結集することも可能になる。

それは、やってしまえばそんなに難しいことじゃない。

少なくとも、今ある多くの問題が解決できるようになるし、その運営コストは驚く程少ないだろう。

課題は、そうしたことのできる人材を育てることだ。

特に日本人には言葉の壁を越え、思考の壁を越える教育が必要だ。

今直ぐには実現出来なくても、10年、20年後には何らかの形で実現していきたいなぁ。

« 次期戦闘機F35は役立たず!? | トップページ | 緑の政治と緑の文化を学ぶ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 次期戦闘機F35は役立たず!? | トップページ | 緑の政治と緑の文化を学ぶ »