« 大野拓夫公式ホームページをオープン | トップページ | 【1】大野たくお参院選出馬について »

2013年6月 4日 (火)

宇都宮健児が語る 市民と市民運動のための「実践的」憲法活用法


宇都宮健児が語る

市民と市民運動のための「実践的」憲法活用法 

616日(日)13:3016:30


参加費:500円(資料代) 

Utunomiya616_4

~改憲? 徴兵制? 原発再稼働? TPP? 生活保護の削減?          私たちの暮らしを守るために、私たちのできることは?~

 

個人と個人の人権を調整する「公共の福祉」

自民党の憲法改正草案は、それを国家が個人の人権に介入する「公益と秩序」に置き換えようとしています。

 

小学生が大統領の憲法違反を電話一本で訴えられるコスタリカ。

大学で労働組合の作り方を教えているアメリカ。

裁判官が反原発の座り込みをするドイツ。

市民には市民の戦う術があり、それを保障しているのが憲法です。

それらの権利はすべて、各国の市民が守りぬき、戦い取ってきた成果です。

 

サラ金の金利規制やオウム真理教・豊田商事の被害者救済、原発訴訟など、徹底して弱者の立場から運動を展開し、ひとびとの権利を勝ち取って来られた宇都宮健児先生に、私たちができること、学ぶべきこと、身につけるべきことをお話しいていただきます。

 

« 大野拓夫公式ホームページをオープン | トップページ | 【1】大野たくお参院選出馬について »

イベント情報」カテゴリの記事